留学先も様々

フィリピンが留学先として人気がある理由

従来では留学というと、アメリカ、オーストラリアなどの国が人気でした。ですが、最近では、フィリピンのセブ島が語学留学先として人気を集めています。そもそもフィリピンは、昔は長らくアメリカの植民地だった時代があります。なので、公用語として英語教育に力を入れています。なぜセブ島への留学が人気なのかというと、一番は費用が安く済むことです。授業料や物価がとても安いので、留学費用を抑えたい人に重宝されています。たとえば、ミネラルウォーターが約20円、乗り合いバス約16円、タクシー初乗り約80円という安さです。また、フィリピンでは基本的にマンツーマンで英語レッスンをしてくれます。なので、恥ずかしがりやの日本人でも、すぐに馴染みやすいというメリットもあります。また、日本から距離が近く、温暖な気候も魅力のひとつでです。

フィリピンに持って行ったほうがいいもの

フィリピン留学に行くときには、日本から持って行くと便利なものがあります。それは、英英、英和、和英などの多言語電子辞書です。フィリピンでは、基本的に電子辞書が販売されていません。一つ持っているだけで、すぐにわからない単語を調べられます。なので、英語勉強にとても重宝します。その他にも、フィリピンのガイドブックは非常に役立ちます。フィリピンは、インターネット回線の繋がりが悪く、常にネットに接続できるわけではありません。なので、ガイドブックがあることで、いつでも現地の地図や交通機関を確認できます。その他にも、新生銀行キャッシュカードも便利です。新生銀行の口座は、海外ATMでいつでもお金の引き出しが可能だからです。クレジットカードの紛失に備えて持っていると便利です。