英語を学習する

大学受験英語に対応する

大学受験で英語を試験科目として課していないところはありません。高校受験でもそうですが英語は受験必須科目となっており、合格を勝ち取るには英語を苦手科目としていると致命的となります。受験英語は確かに難しい単語が使われていたりと難しいのですが普段学校で学ぶ内容を理解し延長線上で受験英語を対策すると対応可能な力が付きます。受験英語で最も大切なのは文法になります。これは関係代名詞など学校の授業で習う内容でほぼ全ての文法知識を身に付けることができるので、学校の教科書は最高の教材となります。この教科書を教材のベースにして基本問題を解いていけば受験問題にも対応できるようになってきます。いきなり入試で出題された問題を解こうとしても対応できません。

英文法を極める方法について

受験英語の対策として文法の理解と単語の知識を増やす、長文読解力を付けることが対策となります。単語の知識をつける教材として市販の単語集を使用することも良いのですが、単語の知識と並行して英作文力もつける方法があります。それはわからない単語が出てきたら辞書を引き、辞書にかかれているその英単語を使った例文を英作文問題として解くことです。こうすると単語の知識が定着するのに加えて英作文力もつけることが出来ますので辞書は最高の教材といえます。長文読解力をつけるにはとにかく英文を読むことです。中くらいの長さのものを繰り返し読んで読解スピードを上げていくことです。その中で出てきたわからない英文法や単語を辞書で調べていくと単語力も付きます。