カナダで英語を学ぶ

グローバル化が進む世の中で、世界の公用語と行っても過言ではない英語を習得することの重要性が高まっています。世界を股にかけて活躍する人材になるため、英語を学んでいる学生は多くいます。しかし、英語を実際に喋ることが出来る人はそれほど多くありません。中高と6年間英語を学んでもしゃべることが出来ないのには理由があります。机の上で英単語と熟語、文法を学んでも、ネイティブな表現を理解できず、またリスニングが出来ないからです。英語の勉強方法として最も有効なのが、実際にネイティブな外国人とコミュニケーションを取るということです。そのために便利なシステムが、ワーキングホリデーです。ワーキングホリデーとは、ビザの一種です。二国間や地域で取り決められたもので、相手の国に入国して休暇を取ったり、生活するための資金を得る酒楼を認めているというものです。そこで実際に外国の人と話し文化に触れることで英語力を高める事が出来ます。

ワーキングホリデーに行く場所として人気なのが、カナダです。カナダの英語は聞き取りやすく、訛りが少ないという特徴があります。また、治安が非常に良いことでも知られています。カナダは世界で最も住みやすい国という評価を受けているので、日本人でも安心して暮らす事が出来ます。修学制限、就労制限が無く、延長手続きなども用意に行えるという点が人気です。また、アメリカにも近く、ニュヨークなどの大都市へのアクセスも便利です。ワーキングホリデーを検討している人はカナダが良いでしょう。